猫用と犬用のフードが存在する理由

ペットショップに行くと、必ずどこの店でもどこの製造メーカーでも、犬用のフードと猫用のフードをしっかりと分けて製造・販売しているのが分かります。犬も猫も同じ肉食でありながら何故、犬用・猫用と明記して分けてあるのでしょうか。

 

それは、同じ肉食でも犬と猫では、体に必要な栄養素が異なるので、それぞれの体質にあった栄養素が配合されたフードを食べる必要があるからです。

 

例えば、タウリンという成分は、猫にとって必要不可欠な栄養素です。タウリンは、もともと肉や魚に含まれる成分です。そのためドッグフードも肉を主原料としている以上は、多少含まれています。

 

但し、問題はその量なのです。猫は体内でタウリンを生成できないため、特にフードからそれを効率よく消化吸収しなければなりません。そのため、キャットフードは、一般的なドッグフードよりもタウリンの配合に気を配ったものが多いのです。

 

よって、猫が長期に渡り、ドッグフードを食べ続けるようなことがあると、猫は慢性的なタウリン不足に陥ります。それが原因で心臓疾患や失明、神経異常などの重篤な病に罹患してしまう危険性もあるのです。

 

長期的に猫にドッグフードを与えるのはNG

但し、ある時うっかり間違えて猫にドッグフードを与えてしまったという場合であれば、問題ない場合が殆どです。それは、犬と猫は、食べてはいけない食べ物に共通点が多くもちろんドッグフードにはそういった材料を使用しないからです。(ネギ類やチョコレートなどの刺激物のことです。)

 

とはいえ、うっかり与えてしまった時には、必ずその後の様子を見守りましょう。少しでもおかしな素振りがあれば、まず動物病院に電話をして食べてしまったドッグフードの原材料を全て読み上げたうえで相談してみましょう。

 

以上は、ドライフードの話です。ウェットフードは、もっとシビアな考え方をしなければなりません。犬用のウェットフードは、猫には絶対に与えないようにしましょう。